紅 茶 専 科

アフタヌーンティーについて

2020/05/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

カントリーでクラシックでありながらも、女の子たちの心を離さないアフタヌーンティー。その魅力を、ブランドコンセプトなどから紐解いていきたいと思います。

アフタヌーンティーのブランドコンセプト

イギリスの古くからの伝統であるアフタヌーンティーの時間。ゆっくりと時間をかけて会話に花を咲かせるこのゆとりや情緒的価値を届けたいという思いから、1981年にAfternoon Teaはスタートしました。
雑貨と飲食を一体とした、衣食住を同時に提案するスタイルはこれまでになく、それまでの日本にはなかったライフスタイルを先取りした発信が広く認められ、今日のような人気につながっています。

ブランドメッセージの「spice of a day」には、暮らしの中のちょっとしたスパイスやわくわく感を届けたいという思いが込められています。

アフタヌーンティーのこだわり

・リビング+ティールームというスタイルで気持ちの良い空間・生活を提案
・季節の愉しみを提案するディスプレイ
・自由な発想から生まれるメニュー

ゆとりのある生活と言うのは何も金銭的に余裕があるという意味ではなく、ゆったりとした時間が流れる心地の良い空間での生活のこと。忙しない毎日を送る中でも、ほんの少しほっと一息つけるタイミングがあれば、それだけでも十分ゆとりのある空間・生活を作り出せます。
たとえばお気に入りの茶葉でゆっくり紅茶をいれてみたり、好きな音楽を聴いたり、本を読んだり。過ごし方は人それぞれです。アフタヌーンティーの雑貨たちは、そんなゆとり空間をより充実させてくれるアイテムばかりです。カップ一つ、茶葉一つにしても、ありふれたものではなく特別なもののように感じさせてくれます。でもそれも決して肩ひじ張った特別感ではなく、あくまでもゆったりとした生活の中に馴染むちょっとした特別感。
アフタヌーンティーのカフェコーナーでお茶を頂いた後、併設されている雑貨販売コーナーをふらりと見て回るだけでもそんな充実感が味わえます。

Afternoon Teaのオンラインショップ

アフタヌーンティーのオンラインショップは、雑貨なども含めた総合サイト内のウェブショップ「Afternoon Tea Online Shop」(楽天・amazon・LOHACOなどにも出店)と、楽天・amazonに出店している「Afternoon Tea TEAROOM Web Store」という2種類のショップがあります。後者は主に紅茶の販売をしており、あわせて食べると美味しいオリジナルのお菓子や、スコーンにつけて食べたいオリジナルジャムなども販売されています。(総合サイト内のウェブショップで購入可能なものも有り。)
総合サイト内のウェブショップでは手に入らない限定品も多くありますので、どちらのウェブショップもチェックしたいところです。

 

アフタヌーンティー 紹介記事一覧

アフタヌーンティートップページ

アフタヌーンティーについて

アフタヌーンティーの紅茶

この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FullMoon Drop , 2015 All Rights Reserved.