紅 茶 専 科

ストレートティーの美味しい淹れ方

2020/10/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

ティーバッグではない茶葉をストレートで淹れる紅茶のことを「ブラックティー」と言います。
紅茶を淹れる上で一番の基本になるところですので、美味しく淹れるコツはしっかりと押さえておきたいものです。

 

①お湯を沸かす

・水(一般的に日本の場合は水道水でOK)を勢いよくやかんに注ぎ、お湯を沸かす。
・勢いよく出すことで水中に酸素が含まれ、より紅茶が美味しく仕上がります。
・お湯は沸騰させすぎないように注意。沸騰したらできるだけ早く火を止めること。

②ティーポットに茶葉を入れる

ティーポットはあらかじめ温めておくこと。紅茶が冷めにくくなります。
・茶葉は基本は人数+1杯(「ティーポットのための1杯」と言う)ですが、これはヨーロッパに多い硬水で淹れる場合の話。日本の軟水では無理に+1杯する必要はないので、お好みで。

③ティーポットにお湯を注ぐ

・ティーポットの20~30cm上から勢いよく注ぐこと。酸素が含まれて美味しくなります。ただし、跳ね返りによる火傷に注意。

④茶葉をジャンピングさせる

・陶器のポットの場合、中身が見えないので上部から確認します。茶葉が浮かんで来たらフタをして蒸らします。

⑤ティーコジーを被せる

・茶葉を蒸らすのと保温のため、ティーポットにティーコジーを被せます。
・BOPタイプの茶葉なら3分、OPタイプの茶葉なら5分が目安。砂時計を活用しましょう。

⑥ティーカップに注ぐ

・ティーストレーナーを使って茶葉を漉しながら紅茶を注ぎます。
・ポットを軽く上下に揺らしながら注ぎます。
複数分のカップに注ぎ分ける場合は、各カップに少しずつ分けて入れていきます。こうすることで水色(紅茶の色)がどのカップも均一になります。

こちらも併せてご覧ください↓

ミルクティーの美味しい淹れ方

チャイの美味しい淹れ方

アイスティーの美味しい淹れ方

ティーバッグでの美味しい淹れ方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FullMoon Drop , 2015 All Rights Reserved.