紅 茶 専 科

ミルクティーの美味しい淹れ方

2020/10/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

日本ではミルクティーと言いますが、正式な英語表現では「ティー・ウィズ・ミルク」と言います。
ミルクを入れることに関しては、先入れか後入れかで長いこと議論になっていましたが、近年、英国王立化学協会の化学検証により、先入れが良いという結論に至りました
そのため、ここではミルクを先に入れておく淹れ方でご紹介します。

 

①茶葉を多めにしてブラックティー(ストレートティー)を作る

・しっかりと蒸らすことで、茶葉から豊かな香りが立ち、コクも引き出されます。

 

②カップにお湯を注ぐ

常温のミルクを使うため、紅茶が冷めてしまわないようにカップをあらかじめ温めておくこと。1~2分を目安に温める。

③カップにミルクを注ぐ

・カップを温めていたお湯を捨て、常温のミルクを注ぐ。
・ミルクは低温殺菌のものが理想的ですが、日本の一般的な牛乳は高温殺菌なので、低温殺菌のものが見つからない場合は高温殺菌のものを代用。私はいつも一般的な高温殺菌の牛乳を使用しています。
・ミルクを注ぐ量は20~30ccと少し多めがベスト。イギリスでもたっぷり入れます。

④紅茶を注ぐ

・ティーストレーナーで茶葉を漉しながら、濃いめに作ったブラックティーを注ぎ入れます。
・カップの9分目までたっぷりと注ぐと、常温のミルクと混ざっても温い感じがせず、温かさを保つことが出来ます。

こちらも併せてご覧ください↓

ストレートティーの美味しい淹れ方

チャイの美味しい淹れ方

アイスティーの美味しい淹れ方

ティーバッグでの美味しい淹れ方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

Copyright© FullMoon Drop , 2015 All Rights Reserved.