紅 茶 専 科

【クスミティー】緑茶&マテ茶ベースの「エクスピュア」シリーズから「エクスピュア インテンス」と「エクスピュア アディクト」をモニターレビュー。

2020/10/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

フランスのロシア紅茶ブランド「クスミティー」。
前回、クスミティーさんより「エクスピュア オリジナル」というお茶をご提供いただき、モニターレビューをさせて頂きましたが、今回またもやモニターレビュー用に商品をご提供頂くことができました(*^▽^*) ありがとうございます~!
同じエクスピュアシリーズの「エクスピュア インテンス」と「エクスピュア アディクト」です。

今回はどちらもティーバッグ1包でのご提供となりました。本当にお試しって感じですね(^-^)
かわいいラッピングも施されていて、なんだかプレゼントを頂いたような気分です♪

前回、「エクスピュア オリジナル」のレビュー記事を書いた際に、クスミティーさんについてやロシアの紅茶事情なんかにも触れております。
詳細はその記事に譲るとして、今回はご提供頂いたエクスピュアシリーズ2種のレビューをしていきますね。

前回のレビュー記事を読んでないよーという方は、

【クスミティー】緑茶にレモンが香る「エクスピュア オリジナル」のレビュー!ロシアの紅茶事情についてもまとめてみた
をご参照くださいませ。

*クスミティー「エクスピュア」シリーズの簡単なご紹介*

クスミティーの「エクスピュア」シリーズのお茶は、緑茶とマテ茶のブレンドティーをベースとしたお茶で、紅茶ではありません。
かと言って緑茶が入っていても日本茶ほどキリッと渋くなく、マテ茶のまろやかさが存分に出た何とも不思議な味わいになっています。
デトックス効果が期待されるお茶として、クスミティーの中でも人気の高いシリーズとなっています。

現在発売されているものは、「エクスピュア オリジナル」(レモン系フレーバー)、「エクスピュア インテンス」(パイナップルフレーバー)、「エクスピュア アディクト」(グレープフルーツフレーバー)の3種類。
どれも緑茶と相性ピッタリな爽やかなフレーバーに仕上がっています。



クスミティー「エクスピュア インテンス」のレビュー

では早速レビューをしていきますね。
まずは鮮やかなブルーグリーン色のパッケージが目を引く「エクスピュア インテンス」からです。

「エクスピュア インテンス」は、緑茶・マテ茶・ルイボスティーのブレンド茶葉をベースに、ハーブとパイナップルの香りがつけられたお茶になっています。
「エクスピュア オリジナル」は緑茶とマテ茶だけのブレンド茶葉だったので、ルイボスティーが入ることでさらに味わいが深くなっている感じですね。

クスミティーの公式サイトでは、“エキゾチックで官能的な味わいはまるでカリブの海に飛び込むように夢のようなひと時を演出”するお茶として紹介されています。
エキゾチックで官能的、気になる響きです(´∀`*)
パッケージや缶のカラーはひょっとしてカリブ海をイメージされているのかな?

リーフタイプに劣らないティーバッグ

前回は缶入りリーフタイプの「エクスピュア オリジナル」を頂きましたが、今回はティーバッグタイプを頂きました。
茶葉はリーフタイプより細かいのかな?と思っていたんですけど、意外にもリーフタイプの大きさそのままをティーバッグにしたという感じで、茶葉一つ一つがとても大きかったです。
正直、ティーバッグタイプを頂けるというお話を聞いていたのに、外装を触った段階では茶葉の質感がしっかりと感じられたので、「あれ、ひょっとしてリーフ入ってる?」と思ったくらい(^-^)
外装を開けてみて、「あ、やっぱりティーバッグだった」と気づきました。

まろやかなお茶にフルーティーなパイナップルが香る

今回はティーバッグ1包だけだったので、ホットティーで頂きました。
水色は「エクスピュア オリジナル」と同じようなイエローグリーン色ですね。若干「エクスピュア インテンス」の方が薄い色をしているかな?

見た目の感じではオリジナルもインテンスもほとんど差がありませんでしたが、一口飲んでみて全然違うのを実感しました。
オリジナルの方はレモン系フレーバーなのでキリッとした爽やかさがありましたが、インテンスの方はパイナップルフレーバーなので、とってもフルーティーでジューシーな感じです。
南国っぽい味わいというか、トロピカルフルーツのお茶っていうイメージですね(*^^*)
これはアイスティーで飲んだらもっと美味しいかも!

インテンス(intense)って意味としては“激しい”とか“強い”っていうのが当たるんですけど、いわゆる闘争的な激しさや強さではなくて、生き生きとした力強さという感じですかね。
確かにパイナップルのフレーバーで明るい気分になりますし、元気が出るような気がします(*^^*)

>>>クスミティー

クスミティー「エクスピュア アディクト」のレビュー

続いて、元気が出そうな明るいイエローのパッケージの「エクスピュア アディクト」を飲んでみます。
「エクスピュア アディクト」は、インテンスと同じく、緑茶・マテ茶・ルイボスティーのブレンド茶葉をベースにしています。
さらに、ガラナとタンポポをブレンドし、グレープフルーツのフレーバーをつけたお茶に仕上げられています。

公式サイトでは、“身体の中から美しくなる「Beauty Beverage」(=美容飲料)。 美しい毎日のためのパーフェクトなブレンド”と紹介されています。
女性の興味を惹きそうなお茶ですねー(´∀`*)

ほんのりとしたグレープフルーツフレーバーがリラックスさせてくれる

グレープフルーツのフレーバーなので、感触としてはオリジナルと似た感じかな?と思っていましたが、オリジナル程香りは強くなく、よく嗅いだらグレープフルーツがほんのりと香ってきます。
柑橘らしいキリッとした香りではなく、優しさに包まれた柔らかな柑橘フレーバーですね。

グレープフルーツって結構油分が出やすくて、ホットで飲むと胸焼けしてしまうこともあるんですが(グレープフルーツブレンドの紅茶とかまさに^^;)、「エクスピュア アディクト」は油分の感じは全然なく、ホットでもスッキリとした味わいでした。
もちろんアイスティーにしたらもっと美味しいと思いますが、ほっと一息つきたい時はホットで飲んでも全然胸焼けしないと思います。
グレープフルーツはドライした果皮をブレンドしているわけではなく、香りとして付けられているだけだからかな?

ちなみにアディクト(addict)は主に“中毒”という意味で知られていますが、“熱中する”という意味もあります。(この場合はいい意味での熱中です。)
仕事に集中するとか、趣味に没頭するという使い方にも使用される単語ですので、「エクスピュア アディクト」を飲むことで集中力が上がるというようなイメージにもなるんでしょうかね(^-^)
ほんのりとしたグレープフルーツのフレーバーが程よくリラックス効果をもたらしてくれ、仕事や趣味が効率よく運ぶのかも。

クスミティー「エクスピュア」シリーズ3種を飲み比べてみて感じたこと

 クスミティー「エクスピュア オリジナル」

 

前回の「エクスピュア オリジナル」と今回の「エクスピュア インテンス」「エクスピュア アディクト」の3種類を飲んでみましたが、どれが一番好きか?と聞かれると、これまた3者3様で甲乙決めがたい!というのが正直な感想です(^-^)

フレーバー的にはオリジナルのレモン系フレーバーが好きですが、味わい的にはフルーティーなインテンスが好きだし、ほっとリラックスできるのはアディクトなんですよねー。
これはもうその時の気分やシチュエーションによって飲むものを変えていくのが一番のオススメかもしれない(笑)

ちなみに、味見をした主人は「エクスピュア インテンス」を気に入っていました。
主人は超絶甘党のスイーツ男子なので、柑橘系よりもちょっと甘みを感じるトロピカルなものの方が好みに合ったのかも(*^^*)

いずれにせよ、身体の中からキレイになれるデトックス効果のあるお茶ですので、日常的にお茶を取り入れたい方や美容に興味のある方には是非一度お試しいただきたいと思います♪



この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FullMoon Drop , 2019 All Rights Reserved.