紅 茶 専 科

【ルピシア】2019年の桜紅茶を飲んでみました♪春摘みダージリン香るプレミアム、甘くベリーが香るものなど味わいも様々!

2020/10/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

春の紅茶と言えば桜ティー。
様々なメーカーやブランドから、この春も色々な桜紅茶が発売されていますね。

私は紅茶に限らず桜味のものが大好きなので、この時期は一人桜フェアと題して色々なお菓子やら紅茶やらを食べたり飲んだりしています。
一言に“桜”と言っても、メーカーやブランドによって味わいが違ってくるから不思議ですよね(´∀`*)

その桜紅茶の中でも、今回はルピシアの桜紅茶をピックアップ!
発売から大分経っちゃいましたが、ルピシア2019年の桜紅茶をレビューします♪

ルピシア2019年の桜のお茶は“百花繚乱”がテーマ!

ルピシアの2019年の桜のお茶は、“百花繚乱”がテーマのようです。
色々な花が咲き乱れる、美しいものがたくさんある状態といったような意味を持つ言葉ですが、転じて秀でた人物が多く出て、優れた業績が一時期にたくさん現れるといった意味にも用いられます。
まぁ、めでたい言葉ということに変わりはないでしょうか(*^^*)

ラベルデザインには日本の伝統的な木工技術である「組子」を採用しています。
組子とは、切り込みを入れた細い木材を、釘を使わずに手作業で組み合わせて文様を編み出していく技術のことで、日本では古くから障子や欄間など建具の装飾に用いられてきましたデザインです。
桜や麻の葉、胡麻といった自然をモチーフにした吉祥文様が使用されることが多いのだそうです。

今回、ルピシアの店舗でちょっとだけお話をうかがってきたのですが、ルピシアでは一年の中でもこの桜の時期というのが一番力を入れる時期なんだそうです(^^)
それ故に、桜のお茶の種類も多く、店舗も華やかな雰囲気に包まれてるのだとか。
発売時期が3月頃ということもあり、この時期はホワイトデーや卒業、さらには入学・卒業へと繋がっていく時期。
お祝い事やおめでたいことが重なる時期なので、より力が入れられるのもあるのかなぁと思います。

基本は紅茶2種、緑茶、焙じ茶の4種類

さて、そんな百花繚乱をテーマにしたルピシアの2019年の桜のお茶ですが、種類としては紅茶・緑茶・焙じ茶3つが基本となっています。

紅茶はスタンダードな桜のブレンドティー「サクラ」と、いちごと桜をブレンドした「サクラ&ベリー」の2種類が用意されています。

「サクラ」は桜の葉をたっぷりとブレンドしており、桜の香りと紅茶の香りどちらもしっかりと感じ味わえる紅茶。
和菓子にも洋菓子に合う絶妙なブレンドで、ルピシアの春の代表作でもあります。

>>>LUPICIA (ルピシア)2019 5804 SAKURA ティーバッグ10個 限定デザインBOX入

「サクラ&ベリー」は桜の紅茶にいちごの香りをつけたフレーバーティー。
みずみずしくてジューシーに甘いいちごの香りがふんわりと香る紅茶は、女性の支持も厚い逸品です。ミルクとの相性も良し

>>>LUPICIA (ルピシア)2019 5604 SAKURA & BERRY ティーバッグ10個 限定デザインBOX入

緑茶の「サクラ・ヴェール」は、“薫風にそよぐ桜の若葉に包まれたような清らかな香り”に仕上げられているのだとか。
すっきりとした緑茶にふわっと香る桜、美味しい和菓子とともに頂きたくなりますね。

焙じ茶の「さくら焙じ茶」は、香ばしい焙じ茶の中に桜が香るちょっと新しいブレンド。
紅茶や緑茶とはまた違った個性的な味わいのようです。

通信販売・一部店舗限定!プレミアムな桜のお茶2種

この時期、ルピシアの桜のお茶には“プレミアム缶”と呼ばれる特別なお茶も用意されます。
2019年は桜紅茶と桜緑茶の2種類で、どちらもベルエポック(ルピシアが提案する大人のお茶専門店ブランド。自由が丘本店、イオンモール幕張新都心店のみ展開。)と一部店舗限定で発売されています。

桜紅茶「サクラプレミアム」はほんのりピンクがかった“ルビー缶”入り。この缶もまた特別なお茶しか入れられない限定品です。
上質な春摘みダージリン(所謂ファーストフラッシュ)に国産の桜の葉と花びらを合わせており、ダージリンの香りと桜の香りを同時に楽しむことができる逸品になっています。
こちらは運よく私の通っている店舗にも置かれていたので、ゲットしてきました!
レビューはこの後に上げてありますので、是非ご一読を(^^)

桜緑茶「サクラヴェールプレミアム」はキレイな緑がかった“エメラルド缶”入り。「サクラプレミアム」のルビー缶はまだゴールド缶と色味が似ていますが、こちらのエメラルド缶は他にないカラーなので、お店の中でも特に目立っていました。
鮮やかな緑色の緑茶の茶葉に、ピンク色の桜の花びらがなんともキュートに咲き誇る、見た目にも美しい緑茶です。
こちらも購入しようか迷ったんですが、緑茶はそれ以上に気に入ったもの(白桃煎茶)を見つけてしまったので、今回はプレミアムは紅茶だけにしました。でもやっぱり買っておけばよかった!と今更ながらに後悔(^^;)

お子さんや妊婦さん、寝る前にはカフェインレスがオススメ(2種)

カフェインのある紅茶はちょっと…という方に向け、カフェインレス(デカフェ、ノンカフェイン)の桜のお茶も用意されています。

桜以外にもフルーツの香りが楽しめる「サクラルイボス」はノンカフェイン。
ラズベリーやチェリー、ピーチといったフルーツの香りもブレンドされているので、とても華やかです。

>>>LUPICIA (ルピシア)2019 9221 SAKURA ROOIBOS 50g限定デザイン缶入

紅茶の「スリジエ」はローカフェインなので、わずかながらカフェインが含まれています。
“スリジエ”という言葉はフランス語で桜の木を意味しています。
チェリーやピーチの甘酸っぱい香りをつけ、桜の可愛さを表現した紅茶だそうです。

>>>LUPICIA (ルピシア)2019 5701 CERISIER 50g限定デザイン缶入

ダージリンと桜を合わせた「サクラプレミアム」のレビュー

では早速レビューと参りましょう♪
まずは限定品の「サクラプレミアム」からレビューしていきます(^-^)
実はコチラ、主人からのホワイトデーのプレゼントでした♪ ありがとうございます、旦那様(≧▽≦)

“ルビー缶”と呼ばれる赤みがかった特別な缶、持っている他のゴールドやシルバーの缶と比べても、やっぱり色合いが違って特別感があります。
桜のほんわりとしたピンク色ともとても相性が良くて、すごく春っぽい!

茶葉は春摘みダージリン(ファーストフラッシュ)ということで、かなり緑色をしています。
一見すると緑茶の茶葉と見分けがつかないかもしれませんね。でもこれが春摘み紅茶の特徴ですよね♪
そしてこの茶葉の大きさよ。やっぱり特別な紅茶は茶葉の大きさが違いますよね!

ブレンドされているのは、ダージリンの茶葉(紅茶)、桜の葉と花びらの塩漬け、梅酢、ミョウバン、酸味料。
ミョウバンはまぁ塩として、梅酢がブレンドされているのはちょっと驚きました。そういう感じの酸っぱさは全然感じなかったので、本当にちょっとだけ入っているんでしょうね。

抽出時間は2分半~3分が目安。茶葉なのでじっくりと時間をかけて抽出します。

これで約3分経った頃合い。茶葉が開き、ティーポットの中が茶葉で埋め尽くされています。
ポットのフタを開けた瞬間に桜とダージリンの香りがぶわぁ~っと広がってきました。

カップへ注ぎ入れてみると、紅茶にしてはとても明るい黄色に近い色の水色。
これが春摘みダージリンの水色です!ほぼほぼ緑茶に近いような色をしているんですよね、茶葉が緑色に近いだけに(^-^)
キレイなイエローグリーン色に抽出できました♪

水色が薄いから渋味はあまりないように見えるかも知れませんが、そこはダージリンの茶葉、渋味はしっかりとあります
この水色とその渋味はギャップさえ感じるくらいですね。

味はと言うと、香りはダージリンの茶葉の香りと桜の香りが一緒にしますが、口に含んでみるとまずはダージリンの味わいが広がります。
喉に流し込むと後味として桜がほわっと漂ってくる感じですね。
純粋に春摘みダージリンとしても桜紅茶としても楽しめる一杯でした(^▽^)

スタンダードな「サクラ」、いちごブレンドの「サクラ&ベリー」のレビュー

続いて、スタンダードな「サクラ」といちごの香りがする「サクラ&ベリー」。
実はコチラももらいものでして、姉の旦那様(つまり義兄)からのホワイトデーのプレゼントでした。お義兄さん、ありがとうございます♪
一族みんな私が大の紅茶好きっていうのを知っているので、プレゼントっていったらまず紅茶が贈られてきます(笑) いや、とてもありがたいんだけどね!

さてさて、そんな「サクラ」と「サクラ&ベリー」ですが。
こちらはティーバッグ5包入りのプチ缶入りのギフトセットでした。

こんな感じの和風可愛いボックスに収められていました。
組子デザインがボックスにも施されているし、シールも桜、右下の小窓から桜が覗いているのも可愛いです!

内側はこのようになっていて、丁寧な梱包ができるようになっています。
どこまでも細かいデザインのギフトボックスです。

「サクラ」の茶葉は桜の葉の緑色がとても鮮やかに映える色合いですね。
茶葉一つ一つも大きめにカットされているので、ティーバッグと言えどリーフに劣らない味わいになりそうです。

抽出時間は2分半~3分と、リーフタイプの「サクラプレミアム」と変わらない時間が目安になっています。
その点から考えても、ティーバッグでもリーフに劣らない味わいに抽出できそうです。

こちらは「サクラプレミアム」と比べても赤味の強い紅茶らしい水色になりました。
ブレンドティーでも透明度が高くてキレイな水色です(^^)

桜の香りはと言うと、桜の花の香りそのものと言うよりは、どちらかというと桜餅に近い香りがしました。
なので桜餅がすごーく食べたくなった(笑)
実際桜餅と一緒に頂きましたが、より桜感が増して美味しかったなー(^▽^)

「桜&ベリー」は桜の葉と紅茶をブレンドし、いちごの香りをつけたものですが、茶葉の中に赤い色で混じっているのはローズレッドです。バラの香りがするハーブですね。
すごく鮮やかな色をしているので、見た目にも美しい茶葉になっています。

抽出時間はこちらも同じく2分半~3分が目安。もしかしたら桜の風味を抽出するのには若干時間がかかるのかも?

水色は「サクラ」と同じくらいか少し濃い目ですかね。光の加減や抽出のタイミングにもよりますが(^^)
キレイなオレンジレッドの色をしています。

こちらはとにかく香りがイイ!ベリーの香りがとても強く感じられ、プチ缶を開けた瞬間からベリーな空気に包まれていました。
飲んでみると、紅茶の味わいと桜の風味がふわっとするのですが、やっぱりベリーの風味が一番強い!
でも主張しすぎているわけではなく、ちゃんと紅茶も桜も感じられるので、本当に強くなり過ぎないギリギリのラインで香りづけされている感じがしました。

原料を見てみたら、紅茶の茶葉はインド産のものとベトナム産のもののブレンドのようですね。
こういう点でもやっぱり「サクラプレミアム」って格別なんだなって思いました。

ルピシアの桜のお茶はまだ買える?

約ひと月ちょっと前に発売されたルピシアの2019年の桜のお茶、在庫状況はどうなのかと言うと、オンラインショップを見る限りではまだ残っているものもあるようです。
完売してしまったのは、「サクラ」「サクラヴェール」「サクラ&ベリー」「サクラプレミアム」「サクラヴェールプレミアム」「スリジエ」の6種類。
紅茶系と緑茶系はもうないということですね。
「さくら焙じ茶」「サクラルイボス」はまだ在庫があるようですので、気になっている方は是非オンラインショップを覗いてみてください。

公式サイト以外のオンラインショップになら、もしかしたらまだ在庫はあるかもしれません。(amazonには在庫あり、楽天市場とYahoo!ショッピングでは見られませんでした。)

>>>LUPICIA (ルピシア)2019 春のティーバッグセット 30種(包装済)

全国展開している各店舗の在庫状況はちょっとわかりかねます(^^;)
が、多くの店舗で完売してきているんじゃないかなーと思います。
私が通っている店舗も、毎年3月末にはほとんどなくなると言っていました。

桜は日本人の心。そんな桜を使ったお茶は、日本人の私たちにも馴染みやすいものです。
日常のお茶に、はたまたお花見の席でも、是非ご賞味くださいませ(^▽^)

この記事を書いている人 - WRITER -
にゃん
紅茶好きの30代主婦。
目覚めの一杯からおやすみ前の一杯まで、紅茶に始まり紅茶に終わる生活をしています。
”お紅茶”なんて上品なものとは程遠い、水分補給を兼ねたガブ飲み派。
主人も実家の家族もみーんなコーヒー派のため、集まったときは一人だけ紅茶と言うメンドクサイことになる(笑)

詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© FullMoon Drop , 2019 All Rights Reserved.